簡単勤怠管理システム01 簡単勤怠管理システム02 簡単勤怠管理システム03

見守り

会社で働く人がいれば、その中に従業員の働きを見守る役目の人がいます。
従業員の働きを見守るのは会社のためでもあります。
しかしサービス残業などの見守りは働く従業員のためとも言えるでしょう。

勤怠管理と言うと、きちんと働いているかどうかの監視みたいに感じるかもしれません。
ですが勤怠を管理するということは、従業員を見守る側の人にとっては大切な役目だと言えるでしょう。

なぜなら、モチベーションは必ず勤怠に影響してくるからです。
いつも遅刻ギリギリで来る人は、そういう性格の人もいますが急にそうなったとしたらどうでしょう。
遅刻を何回も重ねるのは社会の仕組みとして許されないことです。
しかし見守る側として考えると、「何か困っていることがあるのかな?」と早めの段階で気付けることもあるのです。

そこで勤怠管理システムを導入することによって、会社として全体の出勤状況を確認することができます。
勤怠管理システムは独自の労働ルールにも対応しますので、個別の労働条件に応じて対応することが可能なのです。

また、勤怠管理システムと似たようなものに人事給与システムがあります。
人事担当者は、社員に関わる全てのことを業務として行なっています。
例えば給与計算に誤りがあったり、あるいは適切な役職が与えられていないなどの不満が社員に起こればどうなるでしょう。
それはモチベーションの低下につながり、ひいては人手不足に悩むまで会社の状況が悪化するかもしれません。

そこで人事給与システムを使えば、給与計算はおろか部下の教育方針まで対応していくことができるのです。
つまり人事給与システムを導入することで、正しい給与計算と適切な人材配置まで幅広く対応できることになります。

勤怠管理システムと人事給与システムは、会社のためと従業員のために存在しています。

便利な勤怠管理システムを導入する時には、コストもかかるしタイミングが難しいものです。こういうところも業者に確認をしてシステムに入れるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加